マロ・クリニック セラミックス|補綴物制作・歯科技工

SCROLL DOWN

Misson

最新の技術には、先進の技工が必要です。

1本のインプラントから“All-on-4TM”まで、
「マロ・クリニック セラミックス」

インプラント治療の世界的なリーダー、Dr.パウロ・マロによって開発された
“All-on-4TM”技術。この革新的な技術の歯科技工部門として日本に生まれたのが、「マロ・クリニック セラミックス」です。その目標は、専門教育を受けた技工士、最先端の設備、最新の情報ネットワークで、患者様と医師のニーズに応える最善のインプラントを提供すること。“MALO CLINIC Bridge”を作り、支える「マロ・クリニック セラミックス」には、「患者様への思い」「医師への教育」「技工環境の充実」というDr.マロが掲げる理念が、確実に受け継がれています。

マロ・クリニック セラミックス

Advantage

●卓越した技術力。

骨や歯肉の状態、患者様のご希望、コスト、医師の治療方針など、さまざまな要素が影響し合うインプラント治療。インプラント自体にも適合性、審美性、機能性などに高い精度が要求されます。これを可能にする「マロ・クリニック セラミックス」の技工士は、専門機関や「マロ・クリニック リスボン」本院で研修を行ったエキスパート。マロ・クリニックエデュケーションの高度な教育体制のなかで、高い技術力を身につけています。

マロ・クリニック セラミックス

●最新の設備、材料。

「マロ・クリニック セラミックス」では、高度な精度要求に最先端の設備で対応。精密な作業を可能にする高機能マイクロスコープや、より複雑な構造体の高精度スキャンを実現した「ノーベルプロセラ・ジェニオン」と「ストローマン・ケアーズ」の3D CAD/CAMシステムをいち早く導入しています。もちろん、硬さや摩耗性、収縮性など、条件に応じて材料も厳選。“MALO CLINIC Bridge”からジルコニアの補綴物まで、審美性に優れた技工物を製作しています。

マロ・クリニック セラミックス

●最新情報を提供する世界的なネットワーク。

ポルトガルの「マロ・クリニックリスボン」本院を中核に、5大陸に展開し、歯科医療に関する最新情報が行き交うマロ・クリニックのネットワーク。「マロ・クリニックセラミックス」は、これらの情報の吸収、治療動向の把握や技術、設備、機器などの向上に努め、また、日本で製作が困難な技工物はリスボン本部で製作するなど、そのネットワークをフルに活用しています。

●日本の“All-on-4TM”技術を担う
「マロ・クリニック東京」。

「マロ・クリニック東京」は、2011年に東京・銀座に開設された世界で18番目のマロ・クリニック直営クリニック。リスボン本院でDr.パウロ・マロに直接師事した院長・下尾嘉昭を筆頭に、国内の提携医院との連携を図りながら、マロ・クリニック・プロトコルを踏襲し、“All-on-4TM”技術の普及に努めています。

マロ・クリニック セラミックス

Contact

お電話でのお問い合わせ

TEL. 03-6264-5282

【営業時間】9:30~19:00 【休業日】日曜・月曜・祝日

メールでのお問い合わせ

Access

マロ・クリニック セラミックス

住所 :〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-13 銀座ブラウンプレイスビル5階
TEL :03-6264-5282 FAX :03-6264-5283
営業時間 :9:30~19:00 休業日 :日曜・月曜・祝日
pagetop